スポンサーリンク

まつ毛パーマ・ラッシュリフト|9個のメリットとデメリット

アイラッシュ MYSELF

 

今話題の次世代まつ毛パーマ、パリジェンヌラッシュリフトをしてみたいという方、

どうしようかお悩み中の方へ。

まつエクからパリジェンヌラッシュリフトに乗り換えた私の感想をお届けします^^

 

スポンサーリンク

まつ毛パーマとエクステの違い

まつ毛パーマは自まつ毛にカールをかけて上向きにする方法で、エクステ(まつエク)は自まつ毛に人工のまつ毛を植毛してまつ毛の量を増やす方法です。

 

まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトの違い

基本的には同じです。自まつ毛をくるんと上向きに、ビューラー要らずのカタチになります♪

今までのまつ毛パーマはくるんとカーブが強かったのに対して、パリジェンヌラッシュリフトは根元から立ち上がるようにデザインできるので、より自まつ毛の長さを最大限に生かすことができるまつ毛パーマのメニューのひとつです。

また、パリジェンヌラッシュリフトはまつ毛にやさしい液剤が使われるので、自まつ毛への負担も少ないそうです。

 

なぜまつエクからラッシュリフトに乗り換えたのか

それは…楽だから♪

サロンに行く回数はあまり変わりませんが、まつ毛への気遣い度が全然ちがいます。

また、私のまつ毛が下向きでカールのあるエクステを付けると下向きの毛が気になってしまって…

それなら全部上げてやろうじゃないか!と、まつ毛パーマに転向したのです。

それから、年齢的にも濃いめのまつエクが不似合いになってきたっていうのもあります。

 

ラッシュリフトのメリット

▸自まつ毛が根元から立ち上がる

▸瞳に入る光の量が増えるので、目がキラキラして見える

▸仕上がりがナチュラル

▸メイク落としに気をつかわない(こすっても大丈夫)

▸すっぴんでも何となくカワイイ(これはエクステも同じ)

▸逆まつ毛に悩まなくてよくなる

▸まつ毛が生え変わるまで(4~6週間)持つ

▸ビューラー要らずで朝のメイクの時短になる

▸毛量が足りなければさらにエクステが付けられる

 

ラッシュリフトのデメリット

▸長さや濃さの調節はできない

▸自まつ毛の長さや量によって仕上がりに差が出る

 

まつげ

 

サロンに行くときの注意点と費用と時間

いつも行っているところは両目でだいたい1時間くらいで終わります。

費用は5000円程で1か月に1回通っています。

カールの強さ・好みなどしっかりカウンセリングしてくれるので理想のまつ毛についてどんどん伝えちゃいましょう!

施術中は目が開けられない状態になりますので、寝てしまう人も多いようです。

私は毎回爆睡してしまうのですが、きちんと仕上げてくださいます笑

私の友人は閉所恐怖症のため睡眠以外で長時間目を開けられない状況がパニックになるそうで、まつ毛パーマはもちろん、まつエクもできないと言っていました。

閉所恐怖症の方は注意された方が良いかもしれません。

 

はじめての場合は予約時に注意事項などの説明があると思いますが、来店時にアイメイクはしないでお越しください。と言われました。

 

おわりに

ラッシュリフトをしていてよかったなーと思える瞬間は

「ビューラーに時間をとられない!」

「お風呂上りのすっぴんを鏡でみたとき」

に強く実感します。

 

朝のメイク、意外とビューラーに時間を取られていることがわかりました。

お風呂上りのすっぴんのときは、なぜもっと若いころに出会えなかったんだろう…

修学旅行とか彼氏との旅行のときにやっておきたかったよ!!!

という若かりし頃への思いがフツフツと沸き上がります笑

  

ラッシュリフトは自まつ毛によって仕上がりが左右されるので、まつ毛専用美容液を塗っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました